読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口がネバネバしたら臭いのサイン?正しい解消法とは?

なんだか最近口がネバネバして・・・もしかしたらお口が臭ってるかもしれません。口臭にはさまざまな原因があります。その原因によって臭いをなくす方法は違います。口臭の原因と正しい解消方法を知ることで、イヤな臭いとサヨナラしましょう。臭いをなくす方法についてお伝えしています。

二歳で口臭が発生する?3つの原因と改善方法

子供の口臭

最近、二歳くらいの子供の口臭に悩むお母さんが増えています。

 

えっ?そんなに小さいのに口臭なんてあるの?と思いますよね。

 

二歳の口臭が起こる原因と改善方法についてご紹介します。

 

 

鼻づまり

 

風邪やアレルギーで鼻づまりが起きていると、

鼻でうまく呼吸ができないので口呼吸になってしまいます。

 

この場合、鼻づまりの原因になっている疾患を治療する必要があります。

 

口呼吸は口臭の原因になるだけでなく、免疫力の低下にもつながりますので

早いうちに治しておくことをおすすめします。


鼻に疾患がないのに口呼吸をしているようなら、

鼻に異物が入っていることがあります。

 

うちの息子は二歳の時に、鼻水が出て口呼吸をしていたので

耳鼻科を受診したら節分の豆が鼻に入っていたことがあります。

 

他にもスポンジや小さなおもちゃなど・・・

男の子に多いんです!と耳鼻科の先生が言ってました。

 

 

歯磨き不足や虫歯

 

仕上げ磨きをしてあげていますか?

歯磨きを嫌がるお子さんは、仕上げ磨きをするのも大変ですよね。

 

磨き残しが多いと虫歯になってしまうことがあります。


また1日中だらだらとお菓子を食べたりジュースを飲んでいると、

子供の歯は柔らかいのですぐに虫歯になってしまい、

臭いを発生することがあります。

 

おやつの時間を決めて、食べた後は水でうがいをするようにしましょう。

 

お母さんだと歯磨きを嫌がっても、歯医者さんではおりこうにできる子もいます。

3か月に一度は歯の定期検診を受けるようにしたいです。

歯石もとってくれるので、虫歯の予防にもつながります。

 

 

f:id:gonmomoko:20170223151433j:plain

 

 

口や舌の筋力が弱い

 

口や舌の筋力が弱っている子供が増えています。

口周りの筋肉が未発達だと口を閉じていることができません。

いつも口をぽかんと開けているので、口呼吸がクセになってしまっています。

 

大人なら意識して口を閉じることもできますが、子供はそうはいかないですよね。

まずは口と舌の筋肉を鍛えることから始めましょう。

 

あいうべ体操

 

あいうべ体操をご存知ですか?

口周りの筋肉を鍛えることができ、口臭を予防することができます。

また免疫を高めて病気を治す効果があることでも知られています。


学校全体で取り組んでいるところもあり、

インフルエンザ予防にも効果があったという報告もあるんですよ。

 

◆ あいうべ体操のやり方 ◆

 

「あー」「いー」「うー」「べー」と4秒ずつ声を出しながら口を大きく動かします。

10回を1セットとして1日に3セット行います。

インターネットには、子供が楽しく取り組めるように

映像になっているものもあります。

 

 

小さい子供から口臭がしたら病気なのかと心配になりますよね。

 

口臭の原因を見つけて、早いうちに対処しましょう。